銀座カラーの全身脱毛の部位範囲は適切?

Published / by adminadmin1234

shutterstock_405432079

銀座カラーの脱毛に関する部位は意外とたくさんの部位があります。
特に全身脱毛の場合は、全身を3か所に分けて考えるので、1回の施術の範囲も広めになります。
銀座カラーの脱毛の部位は他のサロンと比べて全身脱毛の場合は適切なのでしょうか。

銀座カラーの全身脱毛の部位は全身を3か所に分ける考え方

銀座カラーは全身脱毛をする時に顔以外の全身を3か所にわけて考えて施術を行います。
腕と足全部、背中とお腹側全部、デリケートゾーンが対象になります。
腕にはワキも含まれている他、指先までが範囲になっているので、オプションで指先を付けると言うような事が必要ありません。

わりと全身脱毛で範囲に含まれていないのがデリケートゾーンですが、VIOラインの全てが対象になっているので、こちらも好きなように脱毛出来ますから、デリケートゾーンの脱毛が初めての方でも気軽に施術してもらう事が出来ます。

顔以外の部位では基本的に全ての部位をカバーしていると言っても良いほどで、脱毛されない部位が無いのも魅力の1つです。

顔はオプションになる

顔脱毛だけはオプションになるのが銀座カラーです。
これは何故なのかはわかりませんが、顔だけは全身脱毛に含まれていないと言う事です。
顔も脱毛したい場合はオプションで付ける必要がありますが、一応、全身脱毛と言うとボディーの全てと言うイメージもありますので、その点においては十分な範囲だと言えます。

背中やお腹の脱毛も細かく脱毛してもらえる

背中は襟足からお尻までを全て照射してもらう事が出来ます。
お腹側はへそ周りや乳輪周りまで全てが対象になっています。
あまり気にならなかった産毛が生えている部位なので、普段は自覚する事が少ないかもしれませんが、しっかりと脱毛してもらう事で違いに驚く事もあるかもしれません。

事前の自己処理はしっかりやっておこう

事前の自己処理は脱毛サロンでは基本中の基本です。
手の届かない背中やOラインは別としても、その他の手の届く部位はしっかりと脱毛しておかないと施術してもらう事が出来ません。

施術の時になってムダ毛が残っていると残っている事を理由にその部位はスルーされてしまう事があるからです。
この点においては銀座カラーのスタッフはシビアなので、十分に気を付けておかなければなりません。

もしも不安なら自前のシェーバーを持参するなど工夫すると良いでしょう。
万一剃り残しがあった場合にはその場で自分で処理する事が出来るからです。

メルライン 口コミでシミしわの悩みを解決させましょう!